遺産分割の時期

遺産分割はいつまでにしなければならないのですか?という相談を良く受けます。
その答えですが、遺産分割には、いつまでに行うべきであるという決まりは、法律上はありません。

したがって、お父さんが10年前に死亡した後、お母さんが家には住んでいるが、不動産の名義はお父さんから未だ移していないなどというケースもしばしば見受けられる所です。だからといって、法務局などから早く名義変更をしなさい、などという督促は来ません。

もちろん、法律上、問題がないからといっても、やはり名義人と実際の所有者が異なっている状況は好ましいものではありません。被相続人の死亡の時には、色々な関係者も集まりやすいですし、時間が経てば色々な証拠なども散逸しがちです。このような場合には、速やかに相続による遺産分割協議をまとめて名義変更をするべきです。

なお、相続における配偶者控除などは相続税の申告期限までに遺産分割が決まらないと使えない特典ですので、注意が必要です。

まあ、とりあえずいいや・・・としておくと、後で思わぬトラブルを引き起こす可能性もありますので、なるべく早く手続は済ませておくべきでしょう。

 

 

 

 


soudanrogo3

相続、遺言そして後見に関する問題は、一人では解決が難しい場合もあります。また、誰に何を聞けばよいのかもわからないという声もよく聞かれます。そんなときには、ぜひ当事務所にご相談ください。

ご相談は、下記のボタンからどうぞ。

sou1

※クリックすると専用のお問い合わせフォームが開きます。 

※国家資格者である行政書士には、業務上知り得た情報を他に漏洩しない守秘義務が課されていますので、安心してメールをして下さい。
※このメールによるご相談やお問い合わせは無料です。別途料金が発生する場合(相談の後、案件を受託するような場合)には、あらかじめその旨を当方より連絡いたしますので、安心してお気軽にご相談下さい。
※このメールにより知り得た情報はご相談にお応えする以上の利用は致しません。従いまして、当方より、案件の依頼等の勧誘などの連絡を行うことはありません。連絡先などの記載をお願いするのは、身分証明の為であり、個人情報につきましては、細心の注意をもって取り扱っておりますのでかならずご記入下さい。
※ご相談の回答はなるべく早く行いますが(2~3日を目処とします)、混み合っている場合には、1週間程度のお時間をいただく場合もございます。あらかじめご了承下さい。