遺言書の作成

遺言とは、故人の遺志を相続財産の分配にも活かすという制度です。

だれでも、残された家族が仲良く暮らして欲しいと思うものでしょう。しかし、残念な事に、遺産を巡って争うという話は本当に良く聞きます。また、争いということまで行かなくても遺産分割協議をめぐって煩雑な手続や書類の調整などで遺族の中がギクシャクしていまうということも良くある話です。
遺言は、法定相続に優先しますので、自分が長い間に培った財産を、誰にどのように分配するかを法律的に決めておくことができ、かつ、遺族が思わぬ争いに陥ることを防止することもできます。また、遺言書があると面倒な相続手続も、よりスムーズに行うことが出来ますので、遺族がギクシャクすることも予防できます。

当事務所では、財産の多少に関わらず遺言を残しておくことをお勧めしています。

遺言書の作成には、相続財産の調査・評価や遺言書案の作成及び公証人役場との綿密な打ち合わせなどが必要となります。

当事務所では、このような複雑な手続を、専門知識と豊富な相談経験でサポートします。

また、ご依頼者の遺言の趣旨を充分にくみとり、ご依頼者の方が本当に満足する遺言書の作成を行います。

迷っていても始まりません。

遺言書の作成をお考えの方は、一度、当事務所の無料メール相談をご利用してみて下さい。

 

 

 

 

 


soudanrogo3

相続、遺言そして後見に関する問題は、一人では解決が難しい場合もあります。また、誰に何を聞けばよいのかもわからないという声もよく聞かれます。そんなときには、ぜひ当事務所にご相談ください。

ご相談は、下記のボタンからどうぞ。

sou1

※クリックすると専用のお問い合わせフォームが開きます。 

※国家資格者である行政書士には、業務上知り得た情報を他に漏洩しない守秘義務が課されていますので、安心してメールをして下さい。
※このメールによるご相談やお問い合わせは無料です。別途料金が発生する場合(相談の後、案件を受託するような場合)には、あらかじめその旨を当方より連絡いたしますので、安心してお気軽にご相談下さい。
※このメールにより知り得た情報はご相談にお応えする以上の利用は致しません。従いまして、当方より、案件の依頼等の勧誘などの連絡を行うことはありません。連絡先などの記載をお願いするのは、身分証明の為であり、個人情報につきましては、細心の注意をもって取り扱っておりますのでかならずご記入下さい。
※ご相談の回答はなるべく早く行いますが(2~3日を目処とします)、混み合っている場合には、1週間程度のお時間をいただく場合もございます。あらかじめご了承下さい。